設定 > リモートプレイ設定 > リモート起動

リモート起動

PS VitaやPSP™など、リモートプレイ対応機器を使ってリモートプレイをするときに、待機中のPS3™の電源を自動的に入れることができます(Wake On LAN)。この機能を使うには、次のことをしておく必要があります。

PS3™のワイヤレスLAN経由/アクセスポイント経由でリモートプレイをするとき

インターネット経由でリモートプレイをするとき

ヒント

リモート起動を有効にする

1.

(設定)から(リモートプレイ設定)を選ぶ。

2.

[リモート起動]>[入]を選ぶ。

3.

表示された画面で[OK]を選ぶ。
インターネット経由でリモートプレイをするときは、[インターネット経由でのリモート起動を有効にする]にチェックしてください。

4.

PS3™の電源を切る。
(ユーザー)から(本体の電源を切る)を選んで電源を切り、スタンバイ状態にします。本体の電源ランプが赤色に点灯していることを確認してください。

5.

PS VitaやPSP™など、リモートプレイ対応機器からリモートプレイをする。
リモートプレイの操作方法について詳しくは、リモートプレイ対応機器の取扱説明書をご覧ください。

ヒント

  • PS VitaやPSP™からのリモートプレイの操作方法について詳しくは、(ネットワーク)>(リモートプレイ)>[リモートプレイをする]をご覧ください。
  • リモート起動を有効にすると、PS3™の電源を切ったあとも本体の内蔵ファンが動作し続けます。

リモート起動を無効にする

1.

(設定)から(リモートプレイ設定)を選ぶ。

2.

[リモート起動]>[切]を選ぶ。

インターネット経由でのリモート起動について

お使いのネットワーク機器によっては、インターネット経由でのリモート起動が成功しないことがあります。そのときは、次の情報を参考にしてください。

重要

インターネット経由でのリモート起動を有効にすると、お使いのネットワーク機器の種類によっては、意図せずにPS3™が起動することがあります。起動後、一定の時間内にリモートプレイが実行されないときは、PS3™の電源は自動的に切れます。また、この現象をふせぐため、インターネット経由でのリモート起動が自動的に無効になることがあります。

設定 > リモートプレイ設定 > リモート起動