拡張ストレージを使う

USBストレージ機器を拡張ストレージとしてフォーマットすることで、アプリケーションをインストールできます。また、PS4™の本体ストレージからアプリケーションを移動することもできます。
次のUSBストレージ機器を使用できます。

  • 外付けハードディスクドライブ
  • USB 3.0以上
  • 250 GB以上、8 TB以下の容量

はじめて使うときは、フォーマットが必要です。 (設定)>[周辺機器]>[USBストレージ機器]からフォーマットする機器を選び、[拡張ストレージとしてフォーマットする]を選びます。フォーマットが完了すると、アプリケーションのインストール先として自動で設定されます。

  • 拡張ストレージとして使用するには、PS4™とUSBストレージ機器を直接接続してください。USBハブを介しての使用はできません。
  • 拡張ストレージとしてフォーマットしたUSBストレージ機器は、PS4™だけで使えます。また、1度に使える拡張ストレージは1台です。
  • 拡張ストレージに次のデータは保存できません。本体ストレージだけに保存されます。
    • スクリーンショットやビデオクリップ
    • セーブデータ
    • テーマ
  • すべてのUSBストレージ機器の動作を保証するものではありません。

アプリケーションを移動する

PS4™の本体ストレージと拡張ストレージ間で、保存されているアプリケーションを移動できます。

1.
(設定)>[ストレージ]を選ぶ。
2.
移動したいアプリケーションが保存されているストレージを選び、[アプリケーション]を選ぶ。
3.
OPTIONSボタンを押して移動先を選び、移動したいアプリケーションを選ぶ。

アプリケーションのインストール先を変更する

(設定)>[ストレージ]を選んでOPTIONSボタンを押し、[アプリケーションのインストール先]から選びます。

拡張ストレージを取り外す

PS4™の電源が入っているときは、必ず次のいずれかの方法で安全な取り外しができる状態にしてから、取り外してください。

  • クイックメニューから[サウンドと周辺機器]>[拡張ストレージの使用を停止する]を選ぶ。
  • (設定)>[周辺機器]>[USBストレージ機器]で取り外す拡張ストレージを選び、[この拡張ストレージの使用を停止する]を選ぶ。

重要

PS4™の電源ランプが点灯または点滅しているときに、安全な取り外しができる状態にせずに取り外すと、データの破損や消失、故障の原因となります。