自動アップロード

セーブデータを自動でオンラインストレージにアップロードするかどうかを設定します。(設定)>[アプリケーションセーブデータ管理]>[自動アップロード]を選び、アップロードしたいゲームにチェックを付けます。セーブデータが更新された場合は、スタンバイモードや電源オフに移行するときなどログアウト時に自動でPlayStation™Networkのサーバーに保存されます。
この機能を使うには、PlayStation®Plusへの加入が必要です。

  • あらかじめ次のことをしておく必要があります。
    • いつも使うPS4™として登録する
    • (設定)>[省電力設定]>[スタンバイモード中の機能を設定する]>[インターネットに接続したままにする]のチェックを付ける
  • [自動アップロードを有効にする]のチェックを外すと、すべてのゲームの自動アップロードが無効になります。
  • オンラインストレージに保存可能なセーブデータの数は最大1000です。
  • アップロードの進み具合は、機能画面から(お知らせ)を選んで確認できます。