セーブデータをPlayStation™Networkのサーバーにコピーする

この機能を使うには、PlayStation®Plusへの加入が必要です。

本機で遊んだゲームのセーブデータをPlayStation™Networkのサーバーにコピーできます。
大切なセーブデータのバックアップとして利用したり、複数の機器やメモリーカードを利用しているときに、サーバーを介してセーブデータを共有し、ゲームの続きを楽しんだりできます。
PCH-1000シリーズでは、PS Vita専用のメモリーカードをセットしておく必要があります。

各ゲームのLiveArea™から(PlayStation®Plus)を選び、画面の指示に従って操作します。

[セーブデータ自動アップロード]のチェックボックスにチェックを付けると、1日1回、更新されたセーブデータを自動でオンラインストレージにアップロードします。

  • 利用できるオンラインストレージのサイズは最大1GB、保存可能なセーブデータの数は最大1000です。
  • (コンテンツ管理)を使って、セーブデータをまとめてサーバーにコピーすることもできます。
  • PlayStation®Vita規格ソフトウェアのセーブデータ以外はコピーできません。
  • セーブデータ自動アップロードの機能を使うには、(設定)>[はじめる]>[PlayStation™Network]>[自動アップデート設定]>[セーブデータをオンラインストレージにアップロードする]のチェックボックスにチェックを付け、設定を有効にする必要があります。
  • セーブデータ自動アップロードは、サーバーにコピーしたセーブデータと同一のメモリーカード*をお使いのときだけ実行されます。複数のメモリーカード*を利用しているときは、自動アップロードを利用したいメモリーカード*を本機にセットした状態で、1度手動でセーブデータをアップロードしてください。手動でアップロードしたあと自動アップロードを有効にすると、次回から自動でアップロードされるようになります。
    *
    PCH-1000シリーズでは、PS Vita専用のメモリーカードが必要です。

ページトップへ