PS4リンク 外出先からリモートプレイをする

外出先から、自宅のPS4™にインターネット経由で接続します。自宅から離れた場所でリモートプレイができます。

はじめて使うときの準備

はじめて(PS4リンク)を使うときは、本機とPS4™を機器登録(ペアリング)する必要があります。外出先では機器登録できません。詳しくは、「機器を登録する」をご覧ください。 

リモートプレイをする

外出先からインターネット経由でリモートプレイをするときは、あらかじめ次のことをする必要があります。

    • 公衆無線LANサービスなどのアクセスポイントを利用する場合は、アクセスポイントにPS Vitaを接続できるようにしておく
    • PS4™の電源を入れておく
    • PS4™で、機能画面の(設定)>[PSNSM]>[いつも使うPS4として登録する]で[登録する]を選んでおく

本機で、(PS4リンク)>[はじめる]>[リモートプレイ]を選びます。接続に成功すると、本機にPS4™の画面が表示されます。

  • PS4™で、機能画面の(設定)>[PS Vita接続設定]>[リモートプレイを有効にする]にチェックを付けておく必要があります。
  • PS4™のリモート起動を有効にすると、PS4™がスタンバイモードの状態からリモートプレイできます。PS4™で機能画面の(設定)>[省電力設定]>[スタンバイモード中の機能を設定する]で[インターネットに接続する]および[ネットワーク経由でPS4の電源を入れられる]のチェックボックスにチェックを付けてください。
  • ネットワーク環境によっては、リモートプレイの接続が不安定になる場合があります。

インターネット経由でのリモートプレイ接続について

お使いのネットワーク機器によっては、インターネット経由でリモートプレイが成功しないことがあります。そのときは、次の情報を参考にしてください。

  • PS4™で機能画面から(設定)>[ネットワーク]>[インターネット接続を診断する]を選び、インターネットおよびPSNSMに接続できることを確認してください。
  • お使いのルーターがUPnPに対応しているときは、ルーターのUPnP機能を有効に設定してください。
  • UPnPに対応していないルーターをお使いのときは、ルーターのポートフォワーディングを設定して、インターネットからPS4™への通信を許可する必要があります。リモートプレイで使用されるポート番号は、TCP:9295, UDP:9296, 9297です。これらのポートが使えない場合は、TCP/UDP:9295~9304のポートを使用する場合があります。設定方法については、ルーターの取扱説明書をご覧ください。
  • PS4™が2台以上のルーターを経由してインターネットに接続されているときは、正しく通信できないことがあります。
  • ルーターとは、1つのインターネット回線を複数の機器で共有するための装置です。
    ルーターやインターネットサービスプロバイダーの提供するセキュリティー機能によって通信が制限される場合もあります。お使いのネットワーク機器の取扱説明書や、インターネットサービスプロバイダーの資料もあわせてご覧ください。
  • ポートフォワーディングとは、特定のポート(入口)に入ってきた信号を、指定した別のポート(出口)に通す機能です。[ポートマッピング]、[アドレス変換]などと呼ばれることもあります。

ページトップへ