PlayStation®規格ソフトウェアを本機で遊ぶ

本機では、PlayStation®規格ソフトウェアをダウンロードして遊べます。
(PS Store)からダウンロードするか、PS3™の(PlayStation®Store)からダウンロードしてPS Vitaにコピーします。ダウンロードやコピーのしかたについて詳しくは、「PlayStation®Storeからダウンロードしたゲームで遊ぶ」、「PS3™でダウンロードしたゲームを本機にコピーして遊ぶ」をご覧ください。

  • 一部のPlayStation®規格ソフトウェアは、本機に対応していません。
  • 一部、本機でダウンロードしたりPS3™からコピーしたりできないゲームがあります。

PlayStation®規格ソフトウェアを遊ぶ

基本の遊びかたは、PlayStation®Vitaカードのゲームと同じです。詳しくは、「PlayStation®Vitaカードのゲームで遊ぶ」をご覧ください。

PlayStation®規格ソフトウェアのセーブデータ

PlayStation®規格ソフトウェアのセーブデータは、メモリーカード*内に作成された仮想メモリーカードに保存されます。
仮想メモリーカードは、PlayStation®規格ソフトウェアを起動し、ゲームをセーブするときに自動で作成されます。1つのソフトウェアにつき、2つの仮想メモリーカード(MEMORY CARD 差込口1と2用)がゲームのタイトルと同じ名前で作成されます。

*
PCH-1000シリーズでは、PS Vita専用のメモリーカードをセットしておく必要があります。

  • 1つの仮想メモリーカードに保存できるセーブデータは15ブロックです。セーブに必要なブロックの数は、ゲームによって異なります。
  • PlayStation®規格ソフトウェアのセーブデータは、アプリケーションデータ(ゲームのデータ)とは別のデータとして管理されます。
  • (コンテンツ管理)を使ってPS3™やパソコンにコピーしたりバックアップしたりできます。
  • ゲームが複数の機器に対応しているときは、PS TVやPSP™、PS3™で遊んだ既存のセーブデータを引き継いで遊ぶことができます。詳しくは、「セーブデータを引き継いで複数の機器で遊ぶ」をご覧ください。

PlayStation®規格ソフトウェアの設定をする

PlayStation®規格ソフトウェアを起動中にPSボタンを押したままにし、表示されたクイックメニューで[設定]を選びます。
表示される項目は、ゲームによって異なります。

スクリーンショット

対応したゲームで、ゲーム中にスクリーンショットを撮ることができます。保存されたデータは、(フォト)から見ることができます。

ディスクを入れ替える

ゲームによっては、ディスクの入れ替えを必要とするゲームがあります。そのようなゲームで、仮想でディスクを入れ替えます。

コントローラ設定

ゲーム中のコントローラーの設定を変更することができます。

ボタンを割り当てる

ボタンの割り当てを変更できます。
[標準]では、PS Vitaの各種ボタンをPlayStation®のコントローラのボタンと同じように使用できます。また、背面タッチパッドをL2ボタン/L3ボタン/R2ボタン/R3ボタンとして使用できます。

本体背面:

    [カスタム]を選ぶと、PS Vitaの各種ボタンに好きなボタンを割り当てられます。[カスタム]の設定値はゲームごとに保持されます。

タッチスクリーンを割り当てる スクリーンの四隅に、PlayStation®のコントローラの各種ボタンを割り当てることができます。
背面タッチパッドを割り当てる

背面タッチパッドに、PlayStation®のコントローラのL1ボタン/L2ボタン/L3ボタン/R1ボタン/R2ボタン/R3ボタンを割り当てられます。左側のエリアにはL1/L2/L3のいずれかを、右側のエリアにはR1/R2/R3のいずれかを割り当てられます。

本体背面:

    [ボタンを割り当てる]で[標準]を選んでいても、[背面タッチパッドを割り当てる]の設定が優先されます。

コントローラを割り当てる コントローラ番号の割り当てを変更できます。ゲームで使用するコントローラ端子が指定されているときは、対応するコントローラ番号を割り当ててください。
モードを切り替える コントローラーのモードを切り替えられます。ゲームに対応したモードに切り替えてください。ゲームによっては、モードは自動的に切り替わります。

メモリーカード管理

仮想メモリーカードにセーブデータを取り込んだり、削除したりできます。

画面左側に起動中のゲームの仮想メモリーカードが表示され、(左)/(右)でMEMORY CARD 差込口1と2を切り替えられます。


セーブデータは次の方法で取り込めます。

1.
[取り込み]を選ぶ。
画面右側に他の仮想メモリーカードが表示されます。(左)/(右)で取り込みたいセーブデータが保存された仮想メモリーカードを選びます。
2.
取り込みたいセーブデータを選ぶ。
3.
[コピー]を選ぶ。

セーブデータは次の方法で削除できます。

1.
削除したいセーブデータを選ぶ。
2.
[削除]を選ぶ。

その他設定

ゲーム中の画面や音量などを設定することができます。

画面モード 表示したいモードを設定できます。[カスタム]を選ぶと、画面をドラッグまたはピンチイン/ピンチアウトして画面のサイズを変更できます。
PocketStation™を並べて表示する PocketStation™に対応したPlayStation®規格ソフトウェアを起動中に、PocketStation™の画面を確認できます。
音量調整 音量を調整できます。
ディスクロード速度 ディスクの読み込み速度を設定できます。[高速]を選ぶと、データの読み込み速度が向上します。
バイリニアフィルタリング バイリニアフィルタとは、画像の粗さをぼやかしてなめらかに見せる機能です。画像の粗さが目立つときにバイリニアフィルタリングを有効にすると、よりなめらかな画像を楽しめます。

ゲームによっては、機能を有効にしても効果がわかりにくかったり、違和感を感じたりする場合があります。その場合は、[標準]に設定したり、機能を無効にしたりしてください。

ゲームをリセットする

ゲームをリセットできます。

PocketStation™で遊ぶ

PocketStation™に対応したゲームのアイコンを選びます。

A )
PlayStation®
選ぶと、PlayStation®規格ソフトウェアが起動します。
B )
PocketStation™
選ぶと、PocketStation™が起動します。
はじめて使うときは(PlayStation®Store)のアイコンが表示されます。(PlayStation®Store)からPocketStation™ for PlayStation®Vitaをダウンロードしてください。

PocketStation™でゲームをはじめるときは、PlayStation®規格ソフトウェアを起動してPocketStation™のゲームをダウンロードしてください。ダウンロードや操作方法はゲームによって異なります。詳しくはゲームの解説書をご覧ください。

仮想メモリーカードをPocketStation™に切り替える

PlayStation®規格ソフトウェアの起動中にPocketStation™を使うときは、仮想メモリーカードをPocketStation™に切り替える必要があります。PSボタンを押したままにし、表示されたクイックメニューで[設定]>[メモリーカード管理]>[PocketStation™に変更する]を選びます。

ボタンの割り当て

PocketStation™の各種ボタンは、次のボタンに割り当てられています。

A )
方向キーボタンを押す
B )
ボタンを押す
C )
方向キーを押す
D )
方向キーボタンを押す
E )
方向キーボタンを押す

方向キーの操作は、左スティックでも操作できます。

PocketStation™の設定をする

PocketStation™の取扱説明書やID No.の確認、光通信などの設定ができます。PocketStation™を起動中にPSボタンを押したままにし、表示されたクイックメニューで[設定]を選びます。

  • 光通信(アドホックモード)
    光通信に対応しているソフトウェアで、本機のアドホックモードを使ってフレンドと遊ぶことができます。
  • 画面モード
    表示したいモードを設定できます。[画像]>[変更]を選ぶと、コンテンツリストが表示され、選ぶと画像を背景として設定できます。コンテンツリストには、背景に設定できる960 × 544ピクセルのPNGファイルだけが表示されます。

ページトップへ